【Apple純正】iPad Pro用のケース、Smart Folioとても良いよ

Apple

先日、2018 iPad Pro (11インチ)を購入したわたくしですが…

やっぱりね、高価な製品なのでね、あれだよね…

本体をしっかりと保護したいよね。

 

そんなわけで、こちらも同時に購入しました。

 

 

こちらです!Apple純正の保護ケース、Smart Folioです!

 

けっこうね、公式サイトのレビューだと厳しい評価も多かったんだけど、実際買って使ってみたらむっちゃくちゃ良かったので、レビューしていきたいと思います~

 

 

 

 

商品の概要と特長

先ほどお話しした通り、こちらの「Smart Folio」はApple社から販売されている、2018 iPad Pro用の公式アクセサリです。

カラーは全部で4つで、ホワイトピンクサンドチャコールグレイ、そして今回僕が購入したアラスカンブルーですね。

 

アラスカンブルーはどうやら新色らしいですよ奥さん

 

価格は¥9,800+税

おっふ…

サードパーティー製の安いケースもたくさんあるので、やっぱり純正品は高く感じちゃいますね(^^;

 

ただ!価格差を補ってあまりある品質と機能性のすばらしさを持っています!

詳しくは↓で見ていきましょう~

 

裏面と表面、両方をカバー

これは必須だよね、というか当たり前じゃね?って思う方も多いと思うんですが…

意外とね、Proじゃない他のiPadだと、Apple純正ケースって前面(画面のほう)だけのが多いんすよ。

 

僕がちょこっと調べた限りでは、純正ケースで裏面もちゃんと保護してくれるのはこのPro用Smart Folioだけですね。

 

てがきネコ
てがきネコ

実際、他のiPadの純正ケースはSmart FolioではなくSmart Coverって名前だしね。

 

スタンド機能がついてる

パッケージ裏面にも書いてあるよ!

これタブレット端末については特に大事ですよね。

いくら薄型軽量でも、映画なんかを見るときはずーっと持ってるのしんどいですから(笑)

テーブルなどにおいてゆったりと視聴できるのは嬉しい!

 

ちなみにSmart Folioは2段階の角度を選べるので、作業内容に合わせてやりやすい姿勢で操作できますよ~

 

動画視聴に最適なモード

 

タイピングとかしやすそうなモード

 

 

ここが良かった!Smart Folio

まぁ言うてもね!両面カバーとかスタンドとかについては、サードパーティーの安いケースでもついてますわ!

 

ここからが本番。

他社製ケースと比べて純正Smart Folioが優れているといえるのは以下の点です!

 

シンプルかつミニマルなデザイン

やはり自社で作っているだけあって、洗練された美しいデザインです。

本体にぴっったりと合うように設計されており、完全に一体化してくれます

 

つけてもサイズ感はほとんど変わりません

 

とりわけ他社製のケースと違うのは、本体の背面とマグネットでくっつくという点。

本体側面をはめこむタイプではありません。

 

マグネットなので着け外しがとても簡単ですが、外れやすいとか使用中にずれちゃうとかは全くないですね~

けっこうしっかりくっつきます。

 

本体のサイド部分を覆わないので、よりすっきりとした見た目になり、本体のデザインが引き立ちます

 

僕はこの側面の美しさにやられて購入を決めました…
特にシルバーの本体とアラスカンブルーの相性は最高!

 

ほんとに薄いので、持ち運ぶ際も気になりませんね

 

ただ、側面を覆うものがないということは、側面を守るものがないともいえるので、落下した時などの破損やキズが心配な方は、側面を覆うタイプのサードパーティー製品を選ぶ方がいいかもしれませんね。

 

使いやすさを追求したフォルム

このケースのデザインには、見た目の良さだけではなく使いやすさも内包されています。

つまり「機能美」ですね。

 

まず、ケース裏面の厚みはカメラの出っ張りを補うための必要にして十分な寸法になっているので、テーブルなどに置いた際もカメラレンズが直接当たってしまうのを防いでくれます。

 

ちなみに、カメラ使用時はこんなふうにめくって固定することもできます。
これ地味にいいよね!

 

そして、前面のカバーをめくったときもマグネットで裏面にピタッとくっつくので、使用中にぱかぱかしちゃってイライラすることもありません。

 

こんな感じ!使用中もほんとすっきりしてます

 

高級感のある色と質感

iPadは高価でエレガントなデバイスなので、やっぱりケースもそれなりに高級感のあるものをつけたいですよね(^^)

 

その点Smart Folioさんは申し分ない

4つのカラーリングの中でも、特にこのアラスカンブルーは上品な色でとても素敵だと、個人的には思います!

 

実物は写真よりもちょっと明るめの青ですよ~

 

裏地(本体と接する部分)は少しモフっとサラっとしてます

 

隠れちゃう部分ですが、さりげなくAppleのロゴが

 

 

Smart Keyboard Folioってのもあるけど…

今回紹介したSmart Folioと同じく、Apple純正のアクセサリで「Smart Keyboard Folio」というものがあります。

iPadのカバースタンドキーボードが一体になった商品ですね!

価格は¥19,800+税。(11インチ用のモデル)

 

Smart Folioとおなじく本体裏面のマグネットでくっついて、裏表両方守ってくれます。

キーボードが一体となっているぶん、Smart Folioよりも若干重くて厚みがありますが、ノートPCのように使えるので、iPad Proを愛用する層(ビジネスマンとかクリエイター)には需要が高いようです。

 

多分Smart Folioよりもこっちのほうが人気があります(笑)

むしろApple的には、「Smart Keyboard Folio」のキーボードない版が「Smart Folio」という感じですかね、おそらく(^^;

 

ただね、僕のようにiPad Proでタイピング作業をそこまでしない方であれば、キーボードのない「Smart Folio」のほうがおすすめですよ!

 

薄くて軽いし、値段も半分、そしてカラバリもある。(Smart Keyboard Folioは黒のみ!)

あとね、 Smart Keyboard Folioはタブレットとして手に持って使うとき、キーボードが背面(手で持つところ)にきちゃうから、ちょっと使いにくいんじゃないかしら?

 

ただ、どちらも特徴が違ってそれぞれの良さがあるので、自分の利用スタイルに合ったものを選んでくださいね~

 

結論:さすが純正品!超おススメ

多少値は張りますが、それに見合うデザイン機能性を兼ね備えていると思います!

 

iPad、特にProなんかは本体が高額なので、「アクセサリ類は値段ちょっと抑えたいな…」という気持ちもよくわかります(笑)

わかります、が!

恐らく長く大事に使うものになると思いますので、高品質な純正カバーの購入を検討してみるのもいいと思いますよ~

 

以上、2018 iPad Pro用「Smart Folio」のレビューでした!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました