高級キーボード logicool【MX Keys】レビュー!やっぱり良いものは良い

PC・周辺機器

最近ね、PC買い換えたんすよ。ノートからデスクトップに。

そんときにやっぱりね、せっかくだからちょいといいキーボードとマウス買ったろうと思ったわけですね。

その結果がこれですよ、logicoolの「MX Keys」。

logicoolのマウスとかキーボードって、お手頃価格で品質が良く使いやすい、いわゆるコスパ重視ってイメージだったんですけど、クリエイターとかエンジニア向けのハイエンドモデルもあるんですね。

今回購入したMX Keysはそのハイエンドモデルに当たります。

つまり「高くて良いもの」!

お値段は¥14,500Amazonでの参考価格)とキーボードの中では高いほうかと思いますが、価格に見合った品質だと感じたのでその辺お伝えしていこうと思います!

 

まずは製品の概要をチェック!

 

 

 

MX Keys は、ざっくり一言でいうと「テンキー付きの充電式ワイヤレスキーボード」です。

詳しく言うとこんな感じ↓

 ・フルサイズ(ひとつひとつのキーが標準以上の大きさ)なのでタイピングしやすい

 ・テンキー(電卓みたいな配列の数字キー)がついている

 ・乾電池ではなく充電式(USB-C)の電池で動く

 ・PC本体とは無線でつながる(専用のUSB受信機 or Bluetooth

 ・薄型だが金属板を用いた堅牢なつくりで、高級感・重量感がある

 ・複数の機器との接続・切り替えが素早くできる

 ・バックライトがついている

 

つまり、こんな人にはピッタリなんじゃないかと思います!↓

 ・よく文章を書いたりコードを書いたりでタイピングをするよ

 ・事務仕事で数字入力することが多いよ

 ・乾電池買ってきたり入れ替えたりするのめんどい

 ・PC周りケーブルとか線だらけでうんざりだよ!

 ・安いキーボードだと、どうもちゃちく見えるよ…

 ・デスクトップPCの横にノートPCとかタブレット置いて作業してる

 ・薄暗い部屋で作業することが多いよ…

 

僕はちなみに、ブログを(たまに)書くのでタイピングがしやすいのと、無線かつ充電式、そしてデザインが素敵なやつが欲しいと思っていたので、その辺がマッチしてこのMX Keysをチョイスした感じですね!

この中で2~3つでも当てはまった人はじゅうぶん買ってみる価値はあると思います。

 

タイピングのしやすさ

自分はめちゃくちゃタイピングが速いわけでも、ものすごい量の文章やコードを書くわけでもないので、そこまで専門的なレビューはできないんですが…

このMX Keys、当然ながらタイピングはめちゃくちゃしやすいです!

 

丸いくぼみがあるのわかるかしら

 

ひとつひとつのキーサイズが大きめというのはもちろんあるんですけど、各キーに丸いくぼみのようなものが浅く入っており、これが指を置いた時になんだかしっくりくるようになっています。

あとね、キーを押したときの感じも、なーんかいい感じなんですよね(笑)

カタカタ、でもなくペチペチ、でもなく…

ファサファサ?違うな、パタパタ?

とにかくね、押し心地がよく、押し込み具合も深すぎず浅すぎずいーい感じなんですわ。

 

一般的に、押し込み具合(キーストローク)が深いと疲れるし早い入力ができない、浅いと誤入力が増えたりするみたいですね。

最近はモバイル機器向けのキーボードが増えて来ているような気もするので、コンパクトなサイズでキー一個一個のサイズも小さめ、キーストロークも浅い、というキーボードを使っている人が比較的多いんじゃないでしょうか?(ノートPCとかもそんな感じだよね)

そういったものと比べると、このMX Keysの打ちやすさは際立って感じられると思います!

 

機能性抜群!

さて、この商品の売りポイントの一つでもある、「機能性」の部分ですが、ざっと紹介すると以下の通りです!

マルチOS いろんなOS対応

EASY-SWITCH対応 3台のデバイスと接続しておいて、いつでも自由に切り替え!

スマートイルミネーション 手を近づけるとバックライトが自動ON

USB-C充電 しれっと電池も長持ち

それぞれ詳しく見ていきましょう~

 

マルチOS

これはすごく単純で、いろいろなOS(オペレーションシステム)に対応しているよ、ということですね。

OSはあれです、WindowsとかMacとか、スマホでいうとiPhone(iOS)とかAndroidとか、その機器の基本ソフトのことです。

あ、図らずもMX Keysの対応OSを余さず列挙してしまった…(笑)

MX Keysは、上記4つのOS

Windows

Mac

iOS

Android

に対応しております。(あと、個人ユーザにはあまりなじみがありませんが、「Linux」というOSにも対応)

つまり、PCだけではなく、スマホとかタブレットにも接続できるよ、ちゅうことですね~

これが次のEASY-SWITCHに活きてきます。

 

EASY-SWITCH対応

これはですね、最大3台のデバイス(PCでもスマホでもタブレットでも)とあらかじめ接続(ペアリング)をしておいて、ワンタッチでいつでも切り替えできまっせ!という機能です。

キーボードの右側、テンキーの左上の位置に、1、2、3と数字のついたPCのようなマークのキーがあります。これがEASY-SWITCHのキーですね。

 

上のほうにある1,2,3のキーです

 

例えば1にPC2にiPad3にiPhoneという感じであらかじめペアリングをしておけば…

 PCで作業中、サブ画面としてiPadでweb検索しよう!(2のキーを押下)
    ↓
 iPadでもMX Keysで快適に検索ワード入力♪
    ↓
 検索中にiPhoneにLINEきちゃった!(3のキーを押下)
    ↓
 iPhoneでもMX Keysでスピーディ返信!
    ↓
 1のキーを押してまたPC作業に戻る

なぁーんてことができちまうんですよ。画期的!これ画期的だよね!

 

スマートイルミネーション

これ地味にすごいの!

MX Keysにはですね、バックライトが内蔵されているので、手元がちと薄暗いのぉというときもしっかりキーを下から照らしてくれます。

まぁここまではよくある機能なんですけどね、このバックライト、センサーによってキーボードに手が近づいた時だけ点灯するようになってんすよ!

しかも明るさも5~6段階くらいで調節できるし、そもそもオフにすることもできます。

なので部屋がピカピカに明るければバックライトoffで電池もちup、なんか暗いな…って感じなら手元を明るくして快適に作業ができる、という寸法ですわね!

 

USB-C充電

MX Keysは充電式内蔵電池で動きますが、充電方法は「USB Type-C」、つまり現在最も普及している充電端子ですね。

付属品として充電用のUSBケーブル(A to C)もついてくるんですけど、スマホとか他の機器のケーブルを使うこともできるので、ケーブルの数を減らせていい感じ。

やっぱり線ってさ、なるべく少ないほうがいいよね。見栄え的に。

 

充電端子の横には電源スイッチがあります

 

あと、USB-Cを採用しているということは、きっと充電速度も速いんでしょうね~

え?あぁ僕まだ買ってから一度も充電したことないんすよね(笑)

もう1ヵ月弱使ってんすけどね(笑)

それくらい、電池もちも良いです!

公式にはフル充電後最長10日バックライトオフで最長5ヶ月とあります。

僕はバックライト弱め、もしくはオフにして使っているので、2~3ヵ月くらい持ちそうですかね~

まぁ乾電池式のモデルは電池もち1年とか2年とかってやつもあるので、それには劣りますが…
どちらにせよ、数週間、数ヶ月に一度の充電なら煩わしさは感じないと思われます。

 

このように、MX Keysには数多くの機能が備わっています!

まぁこれらの機能をすべてまんべんなく使いこなす、という人はそんなに多くないとは思いますが、少しでも「これいいかも!」という部分があれば、今よりも快適な作業環境が手に入る可能性は十分あると思います。

 

デザインも素敵

僕はけっこうね、なんでもデザイン性を求めてしまうきらいがありまして。(何

そんなデザインに一家言を持つ拙者が選びしこのキーボード、MX Keysのデザインの雅さは言わずもがなですね。(誰

 

 

基本的な意匠は直線的で無機質ですが、キーボード全体や各キーの四隅は丸みを帯びており、またキーのくぼみも円形なことから、ほどよく柔らかく手になじみやすい印象を受けます。

色遣いとしてはガンメタル調の本体に黒色のキーが組み込まれており、単調な黒一色ではないためメリハリがあり飽きのこないカラーリングですね。

また、ガンメタルの部分がいい感じの「金属」な質感なため、高級感があります。というか実際金属板を使用しているそうなので、その分重いですが本体の耐久性はかなり高く、すごく頑丈と思われます。

 

やっぱりね、毎日もしくは頻繁に使うものですから、せっかくならデザインも素敵なものを選びたいですよね(^^)

MX Keysは「デザインの良さに惹かれて買ってしまった…」という人も結構いる気がします(笑)

 

いまいちなところ

書き忘れるところでしたが、公正なレビューのため一応いまいちな点残念なポイントを挙げておきますね。

あれ、でも、ない…ないかな?

ないかも(笑)

いやまぁね、一応挙げるとしたらあれかね、重さ値段くらいかね?

 

やっぱりね、金属製のボディですから、そこそこ重いっす。約810gあるらしい。すごいね。軽いノートPCくらいか。

基本的に家に据え置きって方は全く問題ないと思いますが、できれば持ち運んで出張先とかでも使いたいよって方は厳しいかもです。

 

価格は機能性や品質を考えれば相応ですが、やっぱり安くはないですね(笑)

同じロジクール製品でもその他のメーカー品でも、3,000円とか5,000円とかでしっかりしたやつもたくさんありますから。

あまりこだわりがない人からしたら選択肢にも入らないかもしれませんね。

 

結論:予算が許せば買い!

以上、つらつらとMX Keysを使った感想などを述べてまいりましたが、お察しの通り、わたくしこちらの商品非常に気に入っております

だってかっこいいし使いやすいんだもん。

値段はねぇ、確かに高いけどねぇ、そんなのあれだよ、一度買っちまえばもうこっちのもんだよ←?

 

機能性や品質についてはかなり高水準であることは疑いありませんので、このレビューを読んで興味を持ってくださった方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか?

ロジクールの公式ストアでは売り切れのようですが、アマゾンなどでは今んとこ普通に買えそうです。

Amazon商品ページのリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました